喪中はがきQ&A
喪中はがきはいつ出せばいいの?
喪中欠礼状は 11月中旬から12月上旬に届いているのが望ましいのですが、遅れた場合でも年賀状の受付が始まるまでに届くように出しましょう。
喪中欠礼状とは、1年以内に近親者への不幸があったとき、年賀状の交換を辞退することを伝える挨拶状です。
自分を基準にして一等親(父母、配偶者、子供)と一緒に暮らしている二等親(祖父母、兄弟、孫)までに不幸があった場合が該当します。
喪中の人に年賀状を出してしまった
喪中の人に年賀状を出してしまった場合は、お詫びの連絡か、お悔やみの手紙を出しましょう。
喪中欠礼状が届かなかったりして相手が喪中だと知らずに年賀状を出してしまった場合は、門松を飾る「松の内」が明けるのを待って1月8日以降にお悔やみの手紙や寒中見舞いを出しましょう。「年末年始のご挨拶を差し上げ、大変失礼いたしました。謹んで○○様のご冥福をお祈りいたします。」といったお詫びとお悔やみの言葉を添えましょう。
なお、年が明ける前に年賀状を出した相手が喪中だとわかった場合は、不幸を知らなかったことをお詫びするお悔やみの手紙をすぐに出しましょう。この場合の手紙は、はがきではなく封書が適切です。
また、どなたが亡くなったかをを改めて質問するのは避けましょう。
喪中なのに年賀状が届いた
寒中見舞いで挨拶しましょう。喪中欠礼状を受け取った場合、松の内が明けた1月8日以降に挨拶状か寒中見舞いを出しましょう。文面には季節の挨拶に続いて「新春のご祝詞をいただきながらご挨拶が遅れ、大変申し訳ありません。」とお礼を添えます。返事が遅れた理由は必ずしも書き添える必要はありませんが、故人が誰かと喪中であることは伝えておきましょう。また、お祝いの言葉を入れないように気をつけましょう。
故人宛に年賀状が届いた場合は挨拶状か寒中見舞いを送りましょう。
他界した家族宛に年賀状が届いたら、松の内が明ける1月8日以降に挨拶状か寒中見舞いで返事を出しましょう。この場合の寒中見舞いは「生前中にいただきましたご厚誼を、故人に代わりまして深謝いたします」などと添えます。また「連絡が行き届かず、申し訳ありませんでした」と故人が亡くなったお知らせが届かなかった非礼もお詫びしておきましょう
年賀状を出し忘れた相手から年賀状が届いた
年賀状を出し忘れた相手から年賀状を受け取った場合、返事は1月7日迄に出しましょう。
年賀状の返事はなるべく早く出すのが礼儀ですが1月7日の松の内に届けば失礼にはなりません。そのとき年賀状をいただいたお礼と返事が遅れたことお詫びを書き添えておきましょう。しかし、あまりお詫びを書き連ねる必要はありません。
ただし、その期間を過ぎたら返事を出せないわけではありません。返事が1月8日以降になる場合、年賀状は使わずに、寒中見舞いお送ります。年賀状の返事は出すのがマナーです。遅れても年賀状の返事は必ず出すようにしましょう。
故人年齢は満年齢か数え年か。?
以前は 数え年での記載がほとんどでしたが、最近では満年齢での記載が一般的になってきておます。
享年に関しては、本来は数え年換算でしたが、戦後の満年齢の普及により混在となっているのが実情です。子孫にとっては厄介な話ということになります。基本は位牌に記載されている年齢を書けばよいでしょう。
享年の年齢はどのようになるのですか?数え年になります。(生まれた年を1歳と数えます。翌年正月になって年が明けると、2歳となります。)

その他

喪中ハガキは、受取人において差出人側が喪中であることを知らないと想定される場合に送るものと思量します。喪中であることを受取人側で知っていれば、年末年始の挨拶は控えられるということは喪中ハガキの定文から既に承知しており、社会通念上、認識されているからです。